脂肪吸引でお腹を引っ込めよう|脱メタボ!

ウーマン

予防することで減らせる

水分不足や紫外線に注意

しわといえば老化現象の一つです。加齢とともに増えていくものですが、老化の他にも様々な原因があります。まず、肌の水分不足です。水分も老化するときに保持能力が失われますが、気温と湿度の低下でも乾燥します。防ぐためにはしっかり保湿する必要があります。そして、紫外線も対策しなくてはなりません。浴び続けると皮膚にダメージがたまり、弾力がなくなってしまいます。弾力がなくなると皮膚が垂れさがってきて、年齢以上に老けて見られるようになります。加齢による水分保持の低下や紫外線によるダメージ、女性ホルモンの低下もしわになる原因です。これらのものが重なると、更に増えていってしまいます。しわを完全に治すのは難しいので、これ以上増やさないように原因となるものを防ぐようにしましょう。

紫外線対策は1年中行う

しわを予防するためには原因になるものを防ぐ必要があります。最も大切なのは紫外線のカットです。うまくカットできると大きいしわはできにくくなります。注意点として、1年間ずっと対策し続けなければなりません。冬になると紫外線量は減りますが、全くなくなるわけではありません。しかし、十分に対策を行えば一番効果が発揮されます。そして、この対策に加えて肌を作るのに必要な栄養を摂りましょう。肌のキメやハリにはコラーゲンが必要です。これを作るためにはタンパク質とビタミンCが重要になります。この二つをバランスよく摂ることでしわを防ぐことができます。あとは毎日しっかり保湿を行い、肌を乾燥させないようにしましょう。すぐにしわはなくなりませんが、数年後に肌を見比べてみるとかなり違いが生まれています。